全国憲法研究会・憲法問題特別委員会 第4回公開シンポジウムのお知らせ

テーマ:「いまこそ立憲主義の意義を問う――共謀罪と安保法制をみすえて――」
日時:2017年7月1日(土)13:30〜17:00(予定)
  (一般公開、入場無料、事前予約不要)
会場:日本大学法学部大講堂
   〒101-8375 東京都千代田区三崎町2丁目3番1号
挨拶と問題提起:長谷部恭男(早稲田大学、本会代表)
報告①国民が担う立憲主義 佐々木弘通(東北大学・本会会員)
報告② 共謀罪の何が問題か 高山佳奈子(京都大学・ゲスト・スピーカー・刑法学者)
パネルディスカッション
佐々木弘通・高山佳奈子・西原博史(早稲田大学・本会会員)
司会:小沢隆一(東京慈恵会医科大学・本会会員)、高佐智美(青山学院大学・本会会員)

【会場へのアクセス】
http://www.law.nihon-u.ac.jp/facility/map.html
水道橋駅(JR中央線、総武線、都営三田線A2出口 徒歩3~6分)
神保町駅(東京メトロ半蔵門線、都営三田線・新宿線 徒歩5~8分)

【問い合わせ先】
國學院大學法学部植村研究室
Fax: 03-5466-0757
E-Mail: kemushi@kokugakuin.ac.jp

全国憲法研究会・憲法問題特別委員会 第4回公開シンポジウムフライヤー
※画像クリックでPDFデータが開きます。